獣医さんに聞いたシニア猫用のフードの選び方

キャットフード 7歳以上

ここ数年、猫の人気が高まっています。自由気ままな猫は、私たち人間にとって最高の癒しです。(*''ω''*)

 

私も、現在大切な猫と一緒に暮らしています。捨て猫で500gしかなかった愛猫も気づけば7歳。まだまだ元気ですが、ところどころに老いを感じるようになってきました。おもちゃにも昔ほど反応してくれなくなり、日中はほぼ寝て過ごしています。

 

生後半年のときに去勢手術を受けていることもあり、肥満や尿管結石などに気を付けながら、ドライフードを与えてきました。しかし、歳のせいでしょうか。フードの好き嫌いが年々ひどくなり、それまで与えていたフードを、あまり食べてくれなくなりました。(´;ω;`)

 

おやつやウェットフードを与えると喜んで飛びついてくるので、どうやら食欲はあるようなのです。あまりにもドライフードを食べてくれないので、いつもお世話になっている獣医さんにフードについて相談をしたところ、3つの質問をされました。

 

シニア用のキャットフードを与えているか?

私は愛猫が6歳になったあたりから、フードをシニア用に切り替えていました。完全室内飼いなので、運動量も少ないうえに、体は肥満気味。以前、動物病院で、体重について注意を受けていたこともあり、成猫用のフードよりも、カロリーが低いシニア用を選んでいたのです。

 

猫も人間と同じように、加齢に伴い基礎代謝量や筋力が低下します。7歳以上のシニア猫には、成猫用のフードではなくカロリーが低めのシニア用のフードを与え、カロリーコントロールをしてあげることが大切なんだそうです。
また、シニア用のフードは消化が良く、シニア猫にとって不足しがちな栄養素も含まれているとのことでした。

 

グレインフリーのものを選んでいるか?

恥ずかしながら私はグレインという言葉さえ知りませんでした。グレインとはトウモロコシや小麦などの穀物のこと。安価なキャットフードには、原材料のつなぎやカサ増しのために、グレインが多く配合されています。

 

猫はもともと肉を食べて生きてきた動物なので、穀物を消化する腸の機能が発達していないんだそうです。そのため、穀物が多く配合されているフードを食べ続けていると、消化器官に負担がかかり、下痢や便秘になりやすくなるとのことなんです。

 

実は愛猫は数年前から便秘気味。もしかして…と思い、与えていたフードの原材料を確認してみたところ、なんとトウモロコシが原材料の1番はじめに記載されていました…。

 

人工添加物が多く配合されていないか?

ドラッグストアやスーパーなどで安価で販売されているキャットフードには、フードの持ちを良くするための保存料や、着色料・香料が多く配合されているそうです。

 

もちろんこれらの人工添加物は猫ちゃんの体に害を及ぼす恐れもありますし、嗅覚の良い猫ちゃんにとって添加物の匂いは、違和感たっぷりとのこと。

 

人間の私たちだって、食べ物から薬品の匂いがプンプンしていたら、食べたくありませんよね。この点についても私は知識不足で、たくさんの人工添加物が配合されているフードを与えてしまっていました…。

 

私が与えていたフードは、シニア猫用のものでしたが、グレインと添加物が多く含まれていました。もしかすると、愛猫はお腹の調子が悪かったり、フードの匂いが嫌だったのかもしれません。私は猫のことを思ってフードを選んでいたつもりだったのですが、空回りしていたようです。

 

シニア猫に安心・安全!優良キャットフード3選

自分の知識不足に落ち込んでばかりもいられません。「フードを変えよう!」と思い、獣医さんに頂いたアドバイスを参考にしながら、シニア猫に負担のない、安心・安全なキャットフード探しを開始!

 

その中で、魅力的なキャットフードを3つ発見しました。私と同じように7歳以上のシニア猫ちゃんと暮らしている方のためにも、私なりにまとめた3つのフードの特徴をご紹介していきます。(^_-)-☆

 

モグニャンキャットフード
モグニャンキャットフード

 

飼い主さんが作る手作りフードを厳選した食材で再現したのが、モグニャンキャットフードです。愛猫の食欲をそそる香りと味わいにこだわっています。イギリスの専門家たちと何回も打ち合わせを重ね、原材料はもちろんですが、猫ちゃんが食べやすいフードの粒の大きさまでしっかりと考えられています。

 

モグニャンは、新鮮な白身魚をたっぷりと配合し、袋を開けた瞬間から魚のいい匂いが広がるそう。嗅覚が優れている猫ちゃんにとって与えるフードの匂いはとても重要です。美味しさだけでなく、栄養バランスにもこだわり、毎日の食事で猫ちゃんの健康ケアを行うことができます。

 

>>モグニャンキャットフードの公式サイトはコチラ

 

価格 特典&キャンペーン

通常購入:
3,960円+送料640円

 

定期購入:
1袋:3,960円 ⇒ 3,564円(10%OFF)
2袋:3,960円 ⇒ 3,366円(15%OFF)
6袋以上:3,960円 ⇒ 3,168円(20%OFF)

 

※1袋あたりの値段です(税抜き)
※定期購入は3回以上の受け取りが条件です

・3袋以上(10,000円以上)購入すると、送料・代引き手数料が無料

 

・お届け周期・お届け個数を自由に選べる
・定期購入の休止・再開はいつでもOK

カナガンキャットフード
カナガンキャットフード

 

獣医師も推薦するフードとして人気の、カナガンキャットフード。使用している原材料は、人間も食べることができるレベルの、新鮮さとクオリティの高い食材を厳選し配合しています。

 

タンパク質やビタミン、リンを多く含むイギリス産のチキンを配合。猫ちゃんの元気のサポートをする野菜やハーブも配合されています。猫の消化に悪いグレインは使用されておらず、人工添加物も不使用。グルメな猫ちゃんの舌を満足させながら、理想のコンディションを維持するのに、最適なフードです。

 

>>カナガンキャットフードの公式サイトはコチラ

 

価格 特典&キャンペーン

通常購入:
3,960円+送料640円

 

定期購入:
1回の購入合計金額7,000円未満 ⇒ 3,564円(10%OFF)

 

1回の購入合計金額7,000円以上2万円未満
  ⇒ 3,366円(15%OFF)

 

1回の購入合計金額20,000円未満
  ⇒ 3,168円(20%OFF)

 

※1袋あたりの値段です(税抜き)
※定期購入は3回以上の受け取りが条件です

・1点の購入からでも10%OFF
(購入合計が多いほど割引率がUP。最大20%OFF)
・10,000円以上購入すると、送料・代引き手数料が無料
・お届け周期・お届け個数を自由に選べる
・商品の個数・組み合わせは自由
・定期購入の休止・再開はいつでもOK

シンプリー
シンプリー

 

シンプリーは、動物栄養学者と共同で開発されたプレミアムキャトフードです。シンプリーがこだわったのは、十分な美味しさと、毎日の食事で行う健康ケアです。猫の消化に悪いグレインはもちろん不使用。新鮮なサーモンやニシン・マスなどを配合し、高品質タンパク質が73%も配合されています。

 

また、尿管結石やヘアボールのトラブルにも配慮されたフードなので、愛猫に美味しく食べてもらいながら、健康ケアをしてあげたい!という飼い主さんの願いを叶えてくれます。

 

>>シンプリーの公式サイトはコチラ

 

価格 特典&キャンペーン

通常購入:
3,960円+送料640円

 

定期購入:
1回の購入合計金額7,000円未満 ⇒ 3,564円(10%OFF)

 

1回の購入合計金額7,000円以上2万円未満
  ⇒ 3,366円(15%OFF)

 

1回の購入合計金額2万円円未満
  ⇒ 3,168円(20%OFF)

 

※1袋あたりの値段です(税抜き)
※定期購入は3回以上の受け取りが条件です

 

・1点の購入からでも10%OFF
(購入合計が多いほど割引率がUP。最大20%OFF)
・10,000円以上購入すると、送料・代引き手数料が無料
・1週間単位でお届け周期を選べる
・定期購入の休止・再開はいつでもOK

 

 

キャットフード 7歳以上

どのフードも、人間も食べられるほどの新鮮な魚や肉を使用し、猫ちゃんの消化に負担をかけるグレインも配合されていません。また、この3つのフードは、オールステージ対応なので、若い猫からシニア猫まで全ての年代の猫に与えることができるというのも大きなポイントではないでしょうか。

 

ドラッグストアなどで販売されているフードと比較すると、どのフードもお値段は少々高めです。しかし、グレインや添加物が多く含まれているフードを与え続けて、万が一、猫ちゃんが病気になってしまった場合のことを考えると、これらのフードが高いとは一概に言えないと思います。動物病院の治療費は、保険が効きません。私は何かあった時のために、ペット保険にも加入していますが、愛猫が病気で苦しんでいるのを見たくありません。

 

お金に余裕があるわけではありませんが、大切な愛猫の日々の健康ケアのために、自分の娯楽費を少し減らしてでも、安心して与えることのできる、キャットフードに変更しなければ、と改めて思いました。(^^)/

 

7歳以上のシニア猫にフードを与えるときの工夫

どんなに安心・安全なフードを選んでも、猫ちゃんがフードを美味しく食べてくれなければ意味がありません。7歳以上のシニア猫は、若い猫に比べて、消化機能も噛む力も落ちています。
フードをそのまま与えるのもいいのですが、シニア猫のために、一手間加えると、美味しく食べてくれるようになります。

 

ここでは、私が愛猫にフードを与えているときに行なっている、ちょっとした工夫をご紹介したいと思います(*^^)v

 

フードをふやかす

キャットフード 7歳以上 ふやかす

昨年あたりから、フードを喉に詰まらせることが多くなってきた愛猫。「ゴホッゴホッ!」と咳き込み、ひどい場合にはフードをそのまま吐いてしまうことも。(´;ω;`)

 

噛む力が弱くなってきたシニア猫には、ドライフードの硬さが負担になっている場合があります。愛猫もフードをうまく噛み砕くことができずに、吐き出していたのだと思います。

 

現在は、ドライフードに少量のぬるま湯をかけ、ふやかして与えています。こうすることによって、フードも少し柔らかくなり、香りも強くなるので、夏バテなどで猫ちゃんの食欲が落ちているときにも、おすすめです。

 

私はカロリーが気になるので、ぬるま湯でふやかしていますが、肥満気味の猫ちゃんでない場合、水分が多いウェットフードなどを混ぜてあげてもいいかもしれません。

 

 

食事の回数を増やす

キャットフード 7歳以上 食事回数

猫の食事の時間を決めている飼い主さんも多いと思いますが、空腹状態が長く続くと、どうしても猫ちゃんはフードをがっついて食べてしまい、早食いの原因になります。

 

早食いは、血糖値を急激にあげ、肥満の原因にも繋がってきます。シニア猫にとって肥満は体に負担をかけ思わぬ病気の引き金となることもあるので、なるべく避けたいものです。

 

私は猫の早食い防止のために、朝・夜の2回の食事タイムをさらに細かくわけ、朝・昼・夜の3回にしました。1回に与えるフードの量は2回に分けて与えていた頃より減りましたが、空腹状態が長時間続かないため、落ち着いてフードを食べてくれるようになりましたよ。

 

私は現在、日中も自宅にいるので、昼にフードを与えることができますが、外で働いている飼い主さんは昼にフードを与えるのは難しいと思います。そんな方は、ホームセンターなどで売っている自動給餌器を利用してもいいかもしれませんね。

 

愛猫は肥満気味なので、食事の回数を増やすだけでなく、夜は時間を取って、しっかりおもちゃで遊んであげるなどの工夫もしています。すぐに疲れて遊ぶのをやめてしまうのがネックですが…。(笑)

猫も年を取ります

キャットフード 7歳以上

猫も人間と同じように歳をとります。人間の場合は、健康管理を自分である程度行うことができますが、飼い猫の健康管理は飼い主である、私たち人間が行なってあげなければなりません。

 

私は、今まで自分なりに猫のためを思ってフード選びを行なっていましたが、グレインや添加物についての知識がなかったばかりに、愛猫に負担をかけていたことを実感し、反省しました。(/_;)

 

今回、フードについて色々と調べてみて、改めて食事の大切さ・キャットフードの品質にもレベルがあるということを知ることができました。

 

3つのキャットフードのうち、どれを購入しようか迷っていますが、どのフードも安心・安全なフードであることには間違いありません。1袋ずつ購入して見て、愛猫の食いつきが一番いいものを選ぶつもりです。

 

みなさんの愛猫ちゃんも、いつまでも健康で元気にいてくれますように★